キョードー東京

新規会員登録

会員登録ログイン

検索

menu

シルク・ドゥ・ソレイユ「ダイハツ キュリオス」

シルク・ドゥ・ソレイユ「ダイハツ キュリオス」とは

「キュリオス」は、「好奇心」「骨董品」という意味を持つシルク独自の言葉。
舞台は19世紀の産業革命の時代を彷彿させながら、近未来を感じる雰囲気。目に見えない世界が存在すると信じているシーカー(主人公)が、あちこちから集めた骨董品などのコレクションの中から間に合わせのアイテムで作った機械の世界に足を踏み入れるところからストーリーが始まる。
風変りなキャラクターたちが主人公の想像力を刺激しようと、詩やユーモアで世界をひっくり返そうとした時、骨董品たちが目の前で命を宿していく。想像力を信じて自分の心を解き放つ時、私たちは不思議の世界へと通じる扉を開けることができるかもしれない。
「キュリオス」は2014年の開幕以来、モントリオール、シカゴ、ニューヨークなど20都市以上を巡り、250万人を超える人々を魅了している。日本では、2018年2月の東京公演を皮切りに、大阪、名古屋、福岡、仙台を巡演予定。

Photos: Martin Girard, Pierre Manning / shootstudio.ca c 2014 Cirque du Soleil

インフォメーション