header
Flash
artist


悲しみを乗り越えて 「ピーターパン」は生まれた―
ブロードウェイミュージカル「ファインディング・ネバーランド」 
ピーターパン 感動の真実

98日 (金) ~ 924日 (日)

 東急シアターオーブ


日程 2017.98日(金) ~ 2017.924日(日)
出演
================================

<<主演ビリー・タイの生歌歌唱あり!>>
ファインディング・ネバーランド記者発表、開催決定!

今回の来日公演で主演バリ役を務め、ブロードウェイのクリエイターから大絶賛を受けている若手イケメン俳優、ビリー・タイが緊急来日!公演の魅力や意気込みについて本人自ら語るほか、生歌披露もお届け!
一足先に「ファインディング・ネバーランド」を体感できるチャンス。そして記者発表内でファインディング・ネバーランドから重大発表も!
皆様のご応募を心よりお待ち申し上げます!

プレイガイドで販売される「記者発表参加付きチケット」をご購入されたお客様70名様を記者会見にご招待します。

<記者会見概要>
日時:7月5日(水)14:30〜 (予定)
場所:都内某所 ※ご購入者のみにご案内します
登壇者:ビリー・タイ (来日公演主演)、坂上忍 (公演応援サポーター)

▼「記者発表参加付きチケット」ご購入は下記サイトよりご確認ください。
 チケットぴあ : http://w.pia.jp/t/fn/
 イープラス  : http://eplus.jp/fn/

 ※受付期間 6/22(木)12:00 〜 6/30(金)23:59

================================

会場 東急シアターオーブMAP
料金 S席 ¥13,000
A席 ¥11,000
B席 ¥9,000
プレミアム席 ¥15,000 (公演プログラム1冊付き)
U-25チケット ¥6,500 (観劇時25歳以下対象(未就学児入場不可)、前売販売のみ)
 表記金額は税込み

★[プレミアム席]1階1列目〜13列目、2階前方席 *バルコニー一部含/公演プログラム1冊付
★ [U-25チケット] ご観劇時25歳以下対象(未就学児入場不可)・当日指定席引換・要身分証明書、前売販売のみの取扱い
未就学児入場不可

主催:フジテレビジョン / キョードー東京 / ホリプロ
後援:BSフジ/アメリカ大使館 / WOWOW

お問い合わせ
キョードー東京 0570-550-799 
【オペレータ受付時間 平日11時〜18時 土日祝10時〜18時】

415日(土) 10時00分 チケット発売開始

チケットを申し込む
プレイガイド

キョードー東京  0570-550-799 

オペレータ受付時間 平日11:00〜18:00 土日祝日10:00〜18:00 グループ観劇係あり(10名以上 / 対象S席のみ)

ホリプロオンラインチケット   

ホリプロチケットセンター  03-3490-4949 

平日10:00〜18:00 / 土日10:00〜13:00 日祝休業)

チケットぴあ  0570-02-9999 

Bunkamuraチケットセンター  03-3477-9999 

10:00〜17:30
◎東急シアターオーブチケットセンター(渋谷ヒカリエ2F/11:00〜19:00) ◎Bunkamuraチケットカウンター(bukamura1F/10:00〜19:00)

イープラス   

パソコン・ケータイ ◎一般発売よりFamiポートでも座席選択可能

ローソンチケット  0570-084-003 

ローソンチケット  0570-000-407 

演劇・クラシック専用オペレーター予約(10:00〜20:00)

CNプレイガイド  0570-08-9999 

楽天チケット   

セブンチケット   

※0570で始まる番号は、一部携帯電話・PHS・インター ネット電話からのご利用はできません。

INFORMATION



3分でわかる!ファインディング・ネバーランド↓





悲しみを乗り越えて
「ピーターパン」は生まれた―

ジョニー・デップ主演映画「ネバーランド」を基にした
ブロードウェイ新作ミュージカルが初来日!
「ピーターパン」誕生に隠された、作家とある家族の感動の実話。

<ストーリー>
19世紀後半のイギリス。仕事が行き詰まって落ち込んでいた劇作家J.M.バリは、未亡人シルヴィアと4人の子ども達と出逢う。父親を亡くし傷心していた三男ピーターは悲しみを乗り越えるため、自らの純粋な心を閉ざし、大人になろうとしていた。しかし劇作家バリと交流を深めていくうちに、「物語(小説)」という「想像」が生み出す輝かしい世界に希望を見いだし始め、同時に、自分の夢や希望を捨てることが大人になることではないと悟る。
そんな風に成長するピーターや、兄弟たちの無邪気さをみて、バリも劇作家としての自分の原点を思い出す。「劇playとは遊びplayだ、自分の純粋な気持ちに正直になっていいんだ」と。そして自分が空想した世界を基に「ピーターパン」の物語を作る。高尚な芝居が求められた当時のロンドンでファンタジーは無謀ともいえるチャレンジであった。そんな中、無惨にもピーターと兄弟たちを新たな悲しみが襲う。そのときピーターがみつけたものとはー。永遠の物語を生み出した作家と彼を囲む人達の知られざる真実。

<キャスト>
劇作家J・M・バリ役は、トニー賞最優秀演出賞ほかに輝いたダイアン・パウルス演出の『ピピン』にも出演し、パウルスから「歌も上手いし、バリにぴったりだと思ったの」と絶大な信頼を得ているビリー・ハーリガン・タイ。その高い歌唱力と、爽やかで端正なルックスはもちろん、深く繊細な表現力も大きな魅力。

その他キャストは公式HPから! http://www.findingneverland.jp