header
Flash
【ブロードウェイミュージカル「ファインディング・ネバーランド」】来日ツアーキャスト発表!

チケット先行販売(先着)受付中!

2015年にブロードウェイで開幕して以来、観る者を魅力し続けているミュージカル『ファインディング・ネバーランド』。今秋早くも初来日公演を果たす、この実話をベースにした感動作の主要キャストが決定しました。

劇作家J・M・バリ役は、トニー賞最優秀演出賞ほかに輝いたダイアン・パウルス演出の『ピピン』にも出演し、パウルスから「歌も上手いし、バリにぴったりだと思ったの」と絶大な信頼を得ているビリー・ハーリガン・タイ。

バリと公園で出会い、心を通わせていくシルヴィア役は、『ウィキッド』のエルファバや、『RENT』のモーリーンなど、パンチの効いた役柄を得意としてきたクリスティン・ドワイヤー。

バリの雇い主であるプロデューサー役と、バリの〝心の声〟ともいえるフック船長役は、かつて鈴木忠志に師事し、2015年には『CHICAGO』来日公演でビリー・フリン役を務めた、ダンディな長身の紳士、トム・ヒューイット。シルヴィアの厳格な母モーリエ夫人役は、ブロードウェイのベテラン女優カレン・マーフィーが演じます。

ここにさらに、少年ピーターをはじめとする子役4人ほか、個性が光るキャストが参入。華と実力を兼ね備えた多彩かつ魅力的な布陣で織り上げる、家族愛や本当の自分を取り戻す勇気、そして想像することの素晴らしさに満ちた感動作に、乞うご期待!

画像